画像を守るワードプレスプラグイン No Right Click Images Plugin、Easy WaterMark、Image Watermark

明けましておめでとうございます。
今年はもっと更新頻度を上げていくことを目標に(と毎年言っている感(;_△_)=3 ドテッ) どうぞよろしくお願いいたします。

さて、本日は今年最初にインストールしたプラグインをご紹介したいと思います。

もしサイトにUPした絵や写真などを知らず知らずに盗用されていた、なんてことになっていたら気分悪いですよね。
最近は画像の上で右クリックしたり、ドラッグアンドドロップが出来ないサイトも増えてきたように思います。
せっかく苦労して作った画像や写真を盗用されないためにも、自分で出来る最低限の防衛対策はとっておきたいもの。それがプラグインをインストールするだけで簡単に出来ますのでぜひ取り入れてみて下さい♪

Image Watermark

自動で画像にウォーターマーク(透かし画像)を入れ、更に画像の右クリック&ドラッグアンドドロップを禁止出来る設定もある多機能プラグイン。これなら簡単に取り入れられそうですよ。
プラグインで検索するか、ダウンロードはこちらからImage Watermark

ところが、試してみたものの何故か私のサイトではうまく作動してくれず…??
たまにプラグイン同士のコンフリクトが原因で上手くいかないこともありますので、代わりに今回はこちらを入れてみることにしました。

No Right Click Images Plugin

こちらは読んで字の如く、画像の右クリックを出来なくさせるプラグインです。
右クリック禁止といっても、文章のコピーまで出来ないとなると記事を書いている時などに不便なので、“画像の場合だけ右クリック禁止”は正に私の希望通りなプラグインでした。
No Right Click Images Plugin
インストールして有効化 → ダッシュボードの設定から、No Right Click Images Pluginをクリックで設定画面を開きます。
設定も特にややこしいこともなく、下記の必要なものにチェックを入れるだけでOKです。

  • Replace image on right mouse click…右クリックで代替画像に置き換える
  • Prevent Drag and Drop…ドラッグアンドドロップを防止する
  • Allow for Logged Users…ログインユーザーを許可する
  • Stop saving on Smart Phones…スマホに保存出来ないようにする
  • Use an alternate replacement image…代わりの代替画像を使用する

Easy WaterMark

次に画像にウォーターマークを入れるプラグインEasy Watermarkをインストールしてみました。

イラストレーターなどでウォーターマーク用の画像を作ってメディアライブラリにアップロードしておきます。
今回作ったものは、イラレでの文字の設定は色:白、透明度:50%くらいのpngファイルです。

Easy WaterMarkをインストール → サイトネットワークで有効化します。
設定画面のgeneralタブの画面でWatermark Typeの▼でimageを選んだら、imageタブ画面で先ほど作っておいた画像を選択します。


画像を使用しないなら、Watermark Typeの▼でtextを選択。textタブ画面でテキストを入力するだけ。こっちの方が簡単です。

あとはそれぞれ透明度やマークのサイズ等を好みで設定するだけです。(試しにバックアップを取ってある画像に入れてみて、マークの入り具合を見て調整して下さいね。)

プラグインを入れる前の画像や自動にチェックを入れなかった場合は、メディア → Easy WaterMarkから、またはライブラリの画像一覧から必要な画像にチェックを入れて一括でウォーターマークを入れることが出来ます。

二つのプラグインを設定後、このブログのgalleryに置いてある画像を見てみると…

ちゃんと透かしが入ってます。そして右クリックもドラッグアンドドロップも出来ません(^^)

以上、最近入れてみたプラグインでした。
皆さんの使っているプラグインで、これも便利だよ!というお勧めがありましたら私にも教えて下さいね♪

それではまた次回まで、ごきげんよう!(^^)/

コメントを残す