jQueryでティッカーを作ってみよう

皆さまごきげんよう。
よく、駅なんかで右から左へ情報が流れてくる電光掲示板てあるじゃないですか。最近のwebではめっきり見かけなくなりましたが、そんな今コレを取り入れたら逆に新しいんじゃないの?!ということで、(笑) 本日はjQueryで電光掲示板のようなもの(ティッカー)を作ってみようと思います。

なにもわざわざjQuery使わなくてもcss3のアニメーションでいいんでない?とも言えますが、流す文章が一つのみならそれで良いのですが、リストになった文章がいくつかあり、それが増えたり減ったりする場合、jQueryでプログラムを書いておくと便利です。

それでは早速やってみましょう。
“jQueryでティッカーを作ってみよう”の続きを読む

jQueryで座標を取得してみる

どうも!前回からちょっと間が空いてしまいましたが、すっかり花粉の季節ですね(>< ); 皆さまいかがお過ごしでしょうか?私はマスクとメガネの日々を過ごしております。マスクとメガネ、二つも耳に掛かっていると本当にストレスなんですよね(´・ω・`)…
さて、今回はjQueryで座標を取得してみようの巻です。
マウスカーソル(タッチデバイスでは指)を画面上で滑らせると、その軌跡に沿って★が描かれるというものです。
このような物を作ってみます。↓

zahyo-wp01

目次
1.座標を取得するには〜offsetとclientX、clientY
2.変数を定義する
3.clone関数で要素にappendToする
4.setTimeout関数とは
5.タッチイベントとマウスイベント
6.まとめ
7.ソース
“jQueryで座標を取得してみる”の続きを読む

ワードプレスの背景に雪を降らせてみよう

皆さまごきげんよう!
暮れも押し迫ってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか?
大晦日までには不要なものを全部捨ててやろう!と張り切っている私ですが、まだ何も手を付けていません(^^;

ところで、最近ネットで魔夜峰央先生の 全埼玉県民が泣いた!伝説の埼玉Disマンガ『翔んで埼玉』が今頃になって話題になっているということで、大変気になっていたのですが、既に持ってた(笑)『やおい君の日常的でない生活』という本の中に収録されていました。昭和時代に買ったもんですっかり忘れてましたが、よく今まで取っておいたもんだ。こんなんで「不要なものを全部捨ててやろう!」なんて本当に出来るのでしょうか?!(^^;A

ま、それはさておき(笑)今日は、前回のjQueryで雪を降らせてみようのファイルを元に、ワードプレスの背景に雪を降らせてみようと思います。
“ワードプレスの背景に雪を降らせてみよう”の続きを読む

jQueryで雪を降らせてみよう

皆さまこんにちは!

早いもので今年も残すところあと1ヶ月、光陰矢の如し、ですね。皆さま今年の目標は達成出来ましたでしょうか?
私は残念ながら、未だ何ひとつ達成出来ないままムダに年だけ取るという(笑)ってまだまだあと残り1ヶ月、最後まで頑張りますよ!(^^;A

ま、それはさておき(笑)今日はちょっと季節を感じる、jQueryで雪を降らせてみようの巻です。

今回はdivを雪の一粒に仕立て、jQueryでランダムな数値を取得・複製し、それをcssのアニメーションでループさせて雪を降らせてみようと思います。

今回作ってみるものはこちら♪
“jQueryで雪を降らせてみよう”の続きを読む

jQuery でタブを実装してみよう!

皆さまこんにちは!
暑さ寒さも彼岸まで。ようやく過ごしやすい季節になってまいりましたね!スポーツの秋、読書の秋、色々な秋がありますが、私はやはり「食欲の秋」でしょうか(笑)
さて本日は勉学の秋、jQueryとcssを連携させて、タブでページを切り替えて表示させてみようと思います。
“jQuery でタブを実装してみよう!”の続きを読む

Masonry.jsを使ってワードプレスにピンタレスト風レイアウトを実装してみよう〜その弐〜

皆さまこんにちは!厳しい残暑の候、いかがお過ごしですか?
本日は前回の続き、Masonry.jsを使ってワードプレスにピンタレスト風レイアウトを実装してみよう〜その弐〜をお送りします。

〜その壱〜を読んでからでないと何のこっちゃ?だと思いますので、ぜひ目を通してみてくださいませ(^^)ゞ
前回の記事はこちらです。

さて、前回の設定だけでうまくいった方もいらっしゃるかも知れません。しかし私はこの後、投稿した画像が重なって表示されてしまうという現象に悩まされました(笑)
そこで今回は、画像をきちんと読み込んでから表示させるような設定を追加します。
“Masonry.jsを使ってワードプレスにピンタレスト風レイアウトを実装してみよう〜その弐〜”の続きを読む