illustratorとphotoshopで写真を背景イラスト風に加工してみよう

皆さまごきげんよう♪
今日は写真を背景イラスト風に加工してみよう、第2弾です。
前回の記事はこちら → photoshopで写真を背景イラスト風に加工してみるの巻

1.イラストレーターでイラスト風加工

今回はこの写真を使います。

イラストレーターで新規ファイルを作成し、
ファイル>配置で、写真を配置し、埋め込みします。
(念のため)レイヤーを複製し、これを
画像のトレース▼から、写真(高解像度)を選択、トレース → 拡張 します。


これだけでも水彩画風でいい感じですが、ペンで描いた様な線が欲しいので、
効果>アーティスティック>エッジのポスタリゼーション

これで、輪郭がはっきりした線画が出来ました。

ファイル>web用に保存します。

2.フォトショップで色相・彩度を調節

次に、この画像をフォトショップで開き、彩度などを調整します。全体的に暗いので
イメージ>色調補正>色相・彩度
で、彩度を上げます。

雲の色の境界線がくっきりし過ぎているようなので、境界線をぼかしツールや指先ツールを使って滑らかにします。

まだ全体的に色味が均一すぎる感じがするので、色調補正用の新規レイヤーを作ります。
赤みを足したい所にマゼンタ、空のもう少し明るくしたい部分に白、川の光が当立っている部分に黄色、をそれぞれエアブラシでざっと塗ります。

このレイヤーの描画モードをオーバーレイ、不透明度を20%にします。
作りたいイメージに近づくよう、描画モードや不透明度を変えたレイヤーを重ねたり、いろいろ試してみてくださいね。
ここまで出来ましたら、一番上に新規レイヤーを作り
イメージ>画像操作>OK
このレイヤーに、
フィルター>描画>逆光
で光の効果を足して完成です!

前回でもお伝えしましたが、写真を背景イラスト風にするポイントは

●彩度を上げる
●色調補正で色味を足して現実感をなくす
●遠くにあるものや細かい部分は、ぼかしをかけて遠近感や手描き感を出す

ぜひお試しください♪

コメントを残す