ワードプレスのバックアップを取る方法

こんにちは!
やっと猛暑が去ったと思ったら、憂鬱な連日の長雨..(´・ω・`) 皆さまいかがお過ごしでしょうか?
秋晴れが恋しい今日この頃であります。

さて、皆さまはサイトのバックアップを定期的に取っていらっしゃいますか?
今日は案外やっていない?!ワードプレスのバックアップの取り方についてやってみたいと思います。

ワードプレスのバックアップを取ろう!

1.ワードプレスでバックアップを取る

まずは、ワードプレス側でバックアップを取ります。
ダッシュボード > ツール > エクスポート
エクスポートする内容を選択で、すべてのコンテンツにチェックを入れ、エクスポートファイル(xmlファイル)をダウンロードします。
画像の右がエクスポートされたxmlファイルです。ちなみに左は、次にやるphpMyAdminでのsqlファイルになります。
file

2.phpMyAdminでバックアップを取る

お使いのサーバーのデータベースからバックアップを取ります。ここではロリポップを例に説明いたします。
ロリポのFTPへログインし、webツール > データベース
ここでまだデータベースを作成されていない方は作成します。
すでにデータベースを作成されている方はphpMyAdminを開くをクリックしてphpMyAdminにログインしますが、その際にサーバー名のmysql◯◯◯の部分を覚えておいてください。
pma00
“ワードプレスのバックアップを取る方法” の続きを読む

MAMPを設定してみる

mamp

web上に公開する前にローカル環境であれこれテスト出来れば、失敗を恐れずにあれこれ試せるし便利ですよね。プラグインやテーマも使い勝手を試してからインストール出来ますし。そんなローカルのテスト環境を作ってくれるのがmamp(mac),xampp(win)です。

これはうちにもぜひとも設置しておきたい!と、早速MAMPをインストールしてみました。
※ちなみに、MAMPとは「Macintosh+Apache+MySQL+PHP」の略です。

1.MAMPをインストールする

MAMP&MAMP PROへ
mamp

Mac OS X 10.6.6、OS X 10.7 Lionをお使いの方はここからインストール。
それ以前のMac OS X 10.4〜をお使いの方はメニューバーにある「downloads」をクリック→「MAMP & MAMP PRO 1.9.6.1」のバージョンをどうぞ。
クリックしたら、ファイルを保存でダウンロードが始まります。
インストールが終わったら、「使用許諾契約」から「続ける」をクリック。
PCのApplicationsに「MAMP」をドラッグして追加。(※「MAMP PRO」は有料版です。)

2.MAMPを起動する

MAMPを起動させると自動でApacheサーバとMySQLサーバが立ち上がります。
状態が緑になっていればOKです!
mamp-1a

3.環境設定を変更する

それでは「環境設定」をクリックし、設定を変更していきましょう。

★「起動・停止」をクリック
MAMPを起動するたびにスタートページが開いてしまわないよう、「起動時にスタートページを表示」のチェックを外しておきます。
mamp-2

★「ポート」をクリック
ここで、マルチサイト化をしている方、する予定の方はポート番号を変更しておきます!
(※マルチサイト化しない場合は必要ありません。)

デフォルトのApacheのポート番号「8888」→「80」に変更し、「ApacheとMySQLの標準ポートに設定」をクリックします。
mamp-3

すると、後に使うアドレスに変化が起きます。
「http://localhost:8888/wordpress/」(デフォルト)となるところが、
「http://localhost/wordpress/」となります。

4.データベースの設定をする

“MAMPを設定してみる” の続きを読む