アイコンの重要性とデザイン

最近クラブのメンバーからお借りした、
「デザインセンスを身につける/ウジトモコ著」
という本を読みました。

デザインについての内容としては、
☆黄金比
☆三分割法
等、デザイン入門書にあるような基本的なものがサラッと書かれてはいますが
この本を読む事で “デザインセンスを身につけられる” のか?? どうかはさておき^^;
本書の中で一番考えさせられたのが
アイコンの重要性についてです。

一億総表現社会の到来といわれるネット時代、
ツイッターやフェイスブックのアイコン(プロフィール写真)ひとつで
自分が何者であるかを視覚化出来る。だからこそ、デザインセンスを身に付け
なりたい自分をデザインしてこの小さなアイコンの中に表現しましょう、と。

例えばこのアイコン、面倒だからとデフォルトのままにしておけば、
どんなに面白い情報を発信していてもスパムにみえて読んでもらえない、とか
猫や風景のアイコンでは、あなたがどんな人であるかわからない→スルーされやすい、等々。

なるほど、たかがアイコンではありますが、直感的に自分の好きか嫌いかでスルーしたり、
逆にどんな人だろうと興味を持ったりしてるかも。

SNSの中では名刺の様なものですものね。
今一度、真面目にアイコン作成してみようかな?

コメントを残す